読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナッツ&エール

社会人からのジャニオタのロバの穴。

タッキー&翼に気付いた日

わたしが近頃 最も注目している歌手はタッキー&翼です。

 

なにも、今旬だ!とか言いたいんじゃなく、わたしが!やっと!本格的に!気付いたのです!!

 

タキツバってすごい!楽しい!かっこいい!

こんな素晴らしいデュオにこんなにも気づかずいたなんて…

 

そして、いまだ気づかぬ人々がいるなんて…

 

この素晴らしい存在をタキツバファンおよび、一部のジャニーズファンでしか楽しんでいないという現在の状況は罪なんじゃないのか?

 

もっと国民みんなで楽しむべき存在じゃないのか??

 

一体わたしは国民の幸福のためになにをしたらいいんだろう?

国民のためにどうタキツバの素晴らしさを伝えて行けばいいんだろう??

 

そんな事を深夜布団の中で考え込んでいるのですが、ひとまず今回はわたしがやっとタッキー&翼の素晴らしさに気付いた経緯をまとめてみようと思います。

だから、別に読まなくてもいいです、こんど、素晴らしさを語る時は読んでいただきたいです。

 

f:id:utsupooh:20161012001326j:plain

 

わたしの初ジャニーズコンサートはタッキー&翼10th東京ドームです。

 

その頃のわたしは、社会人になってからだんだん真面目にジャニーズを聴き始め、

ジャニーズ自我も芽生えてTOKIOを選び、テレビを見て、CDを買い、初めてジャニーズのチケット(TOKIO1718ライブ武道館3days)を自分で取った所でした。

 

そんなわたしをジャニオタの友人が誘ってくれたので、本命TOKIOを差し置いて初ジャニーズしに行きました。

 

事前に友人のお宅へ以前のライブディスクの鑑賞へ行き、予習用プレイリストを用意してもらい曲を聴き準備をしました。

当日は人生初ペンライトを購入し、いつもはプロ野球を見に行く東京ドームへ入場。

日本ハムファンのわたしはいつも入らないビジター側A指定あたりの席、

グラウンドにはステージ、花道、クレーン車…

客席は落ち着いたお姉さんを主体とした圧倒的女性過多…

 

なにもかもいつもと違う東京ドームでしたが、絶対楽しむ!全力楽しむ!!そう誓って開演を迎えました。

 

結果、楽しかった!

公演内容は、10周年のお祝いにたくさんの後輩が来てくれていて、予習内容とはずいぶん違いましたが、さすがエンターテイメントです、全力で楽しませてもらえました!

 

トロッコでこっちにやってくるタッキーに、演者が歌っているのについついタッキー!と呼びながら手を振ってしまう(聴けよ!)初体験、

揃いに揃った観客の手振りに焦り、ステージの噴水にジャニーズだ…と感心し、

お祝いムード満載のドームの中、駆けてくれた山Pをはじめとしたたくさんの後輩たち…初めて見たABC-Zには声がすげー子とおしゃべりが達者な子と、あと何人かいて、みんな小劇団の看板俳優みたいなお顔をしていたなぁ…

1番心に残っているのは真っピンクでテラテラのスーツにスカイブルーのシャツを着たタッキーと、

鮮やかすぎるイエローのスーツに紫のチーフと柄シャツでヒゲのサーカス団団長のような翼くん…なにその衣装?!なにその組み合わせ!!ステージ上たくさんいても一目でわかりますけど!

…しかもそのトンデモカラージャケットを名曲とおぼしきepilogueにも着替えないまさか?!に膝から崩れ落ち…

 

めいいっぱい楽しんで、おしゃべりしながら夕食をとり、そのまま熱が冷めず、コール合戦してない!愛してるぜT&Tしてない!とカラオケへ…愛してるぜT&Tにコールをし、気まぐれJETをやり直しました…

 

みんな笑顔、誰も傷つけない、誰の敵でもない、みんなのタッキー、みんなの翼、すべてがハッピー…

 

あぁ平和…白いハト、月桂樹、そしてタッキー&翼

タッキー&翼は平和の象徴である、そう知りました。

 

しかし、そこではまだわたしは正式に気づかないのです、タッキー&翼の本当の素晴らしさに。

 

なんせ、1ヶ月後は本命TOKIOの初ライブ参戦を控えてるんです、待ってたアルバムが発売してるんです、そのままTOKIOのライブへ向けた体づくりに入ったわたしはアルバム TENを聞きませんでした。

 

あの時TENを聴いていたらもっと早く気付けていたかもしれません、もったいない事をしたけど、けどTOKIOたのしかったからしょうがないです…

 

その後はたまにテレビで見かければ見る、くらいの、今までと変わらない付き合いしかしませんでした、それが今の状態になるきっかけは国分さん時代から見続けている少プレで山手線内回りを歌っているのを見た事でした。

 

わー!外回りたのしかったもんな!ずいぶんトンチキソング!こんどは地元駅の名前もでてきたぞ!^ ^

いやしかし、もともとシングルでもない曲の対になる曲を、こんどはシングルで出す?

なんなんだそのニッチさ!もう完全身内(ファン)しか向いてないじゃないか…!

すごいな、タッキー&翼…それでいいんだ…平和だ…友達に連絡しよう…

 

 うつ:タキツバ新曲すごいねー!山手気に入ってたんだ〜?

 友人:カップリングは時間旅行パート2なんだよ〜!

 うつ:まじかよ〜!ほんとファンしか向いてないじゃん!

  友人:特典で山手線のMVついてるの買ったよ!

    あと時間旅行のMVのついてるのもあるんだ〜

 うつ:そうなの?じゃーそっち買う、買う〜

 友人:年末アルバムも出るよ〜

 うつ:買う買う〜!

 友人:新春コンサート決まったよ!行く?

 うつ:まじ!?行く行く〜!

 

昨年は9月過ぎから例年以上に仕事が忙しくて大変疲れていたんです、大変容易にアイドルに癒しを求めてしまいました…

 

上記のやり取りの末、わたしは年末までの間に予習と称して、シングル山手線内回り、クリップ集タキツバCLIPS Two、アルバムTwo Tops Treasure、TEN、TRIP & TREASURE TWOを怒とう購入したのです。

 

まずあの時聴かなかったTENを購入しました。

収録曲名のダサさに感心し、曲を聴き込み感心し、なんでこんなに24hコスメに引っ張られたような曲ばっかなの笑と思ったり、特典DVDを鑑賞しREAL DXのMVに度肝を抜かれ、ワンダランのMVの爽やかさに癒されました…

でも、素晴らしさの一端に気づかされたのは、収録曲「絆も軌跡もここにある」だったと思います。

 

絆も軌跡もここにある、恥ずかしくなるほどストレートなアニバーサリーソングです。

ご存じなければ是非歌詞だけでもご確認ください

絆も奇跡もここにある - タッキー&翼 - 歌詞 : 歌ネット

わたしだったら、もうちょっと他にない?と敬遠してしまいそうなほどのストレートさ、

しかし、それを臆面もなく歌い上げるタッキー&翼

いや、臆面もないのだろうと思わせるタッキー&翼と言ったほうがいいでしょうか?

この曲でわたしは、この2人はすごい説得力を持っているという事に気づいたのです。

 

なんだろう??この?創作感??

あの顔面偏差値の2人が、こんな事ってあります?っていうくらいのタッキー&翼逸話を持っている事実…

同じオーディションで入所した同い年のアイツといきなりドラマに出る事になって…?!

これ、小学生むけのマンガです、これ、高校生だったら「んな都合よくなんねぇよ」つってくそマンガに分類されるやつです、だけど、事実。

その2人が歌う事でめちゃくちゃ説得力があるんですよね、こんなクサくても。

それも、小さい頃からテレビに出てて、多くのリスナーが背景を知ってるからこそ、より一層たのしめるんでしょう。

 

タキツバだけでなく、アイドルって、背景やキャラクターを知っていて曲を聴くところが他のミュージシャンと違っておもしろいプラスα要素なんですよね〜

 

それがあるから、タキツバのトンチキソングに色がつくし

さらにはたぶん、このご時世、コミックソングとも思える様なトンチキソングたちをジャニーズアイドル以外で制作する場合、あんなにもお金かけられないと思うんです。打ち込みってやつとか、そんなんになっちゃうと思うんですよ。

でもね、ちゃんと演奏して、結構な厚みで制作されたとんでもソングを面目に歌い踊る2人の姿が立体感をもたせてより魅力的に完成すしてる、そう思います。

…「24時間・美happy」って、「コイゴコロHUNTER」って…!!ダサいよ…でも何故か似合ってしまうタッキー&翼…唯一無二すぎ…

 

年末はアルバム聴くのが楽しくて楽しくて…新アルバムのリリースが楽しみで、コンサートが楽しみで…

なんて言うかね、全く自分のみがつまされない、全く自分が投影できない、だからこそ素直に受け取れる元気って言うのがありますね!!

んでね、年末を乗り越えたあとのコンサートも楽しくてね…

 

あぁ、早く新曲が欲しい…いっそオリジナルアルバム…