読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナッツ&エール

社会人からのジャニオタのロバの穴。

タッキー&翼/Two Tops Treasureについて語るの巻まき

ジャニーズ タッキー&翼

いくつか前の記事でも収録曲に触れていますTwo Tops Treasureですが、今回はアルバム通して書いていきます。

いえ、書きました、書き終わってまた戻って書いてるんですけど、だいぶ長く書いてしまってますので、めんどうになったら本当に、途中でリタイアしてくださってかまいませんので、本当、そんな、身もない文でございます…

これが一番あたらしいオリジナルアルバムです。新しいものを作って行くって言う事は、一番新しいものが、一番いいに決まってるんで、一番いいアルバムです。タキツバ気にしているけど聴いていない方がいらっしゃれば是非、まず聴いていただきたいです。

ということで、以下へ続きます…

f:id:utsupooh:20161108022621j:plain

あの、とりあえずね?とりあえず、曲タイトルだけ見た感想でまずね?

TENに負けず劣らずの名盤とわかりますよね…?!

 

一番ツボなのタイトルはですね、やっぱりコイゴコロHUNTER」

カタカナ&アルファベット!うーん!ダサくない??

視覚バランス的に全部大文字は大正解と言うか、当たり前で、これ小文字混ぜてきてたら『は??』ってキレるところですから、こう、しっかりとしたバランス感覚で作ってくれてる事は本当、ちゃんと伝わってます、このダサさも想定の内なんだろうなって、わかります、いい…!!

 

なんでしょうね、わたしの中でタッキー&翼ってダサカッコイイいというか、それよりはダサさすら飲み込ませるかっこよさというか…

いや、ダサさを加える事によって均衡を保っている人類の奇跡、ですかね??

うーん、とにかく、キマら無いことをやってキマる2人じゃないですか?もうだから、ダサいとうれしいの!

滝翼祭りのセットだいすき!なにあれ?すごくダサくないです?開場入ってあれ、タッキー&翼ってあのデカさの電飾あったら叫ぶわ、えーーー!?って言ってたと思う…あれ本当好き…もうすぐ10周年イベントのどん帳?垂れ幕?もすき…すっごくめでたい…

 

ダサいダサい言ってすいません!!!ファンのみなさますいません!!

全然そんな事思ってないんですけど?!ってご立腹の方がいらしたら、本当、すいませんと言うしかできないです、すいません、わたしにはそう感じられておりましてどうにも…

でも、あれが許されるの、世界で2人だけの奇跡だと思ってるんで、どうにかそこは、認めていただきたい、もしくは流していただきたいです…すいません…

 

それでね、戻るんですけど、あともちろん「Boogie 2night」も「ココロウルオシテク」もいい感じ、いい感じにダサい…!

でね、「ギラメラ」ギラメラなんですよ、これはダサいというか、なんだろう、なんだろうな、潔さ?インパクト?1曲目インストのあと2曲目にタイトル「ギラメラ」であれですよ、ベーズで低めに入ってすぐ管楽器とギターでバーン!メロでまた低めに持って行ってメロディアスなピアノ入れて?なんて言うの?スピーディーに?流されて行く感じ?

インストの「Treasure Hunting」はすっごいワクワクする曲ですよね、これからタキツバの冒険始まるんだ!みたいな!これライブで初めこれにカッコイイ感じの映像流れて始まるでしょ!?みたいな!勝手に映像想像しながら聴いて、スリルとワクワク感満載!

そして、ギラメラでそのままワーって流されるままタキツバワールド突入!って感じ!とにかくノリ重視!!だから!タイトルも直感的に! ギ ラ  メ ラ ! ! ってかんじ、ハイオッケー!

 

さらに、あれ、これはアルバム後の制作だったけど、MVの話をちょっとさせてもらいますね?

もうやっぱりね、あのテンガロンハットをタッキーにかぶせる事ができるのは翼くんだけ!やっぱり翼くんすごいっ!

ってこととね、なんかね、わたしなんか、ビバビバモーレのPVとかめっちゃんこ平和でハッピーで好きなんですけどね、セルフプロデュースのギラメラであのハードな感じ見せられちゃうとね…

あ、ああいうのがやりたいのか…っていうか、なんかいつも平和なもの見せてもらってごめんね、ダサくて素敵とか喜んでてごめん、こっちのリクエストに応えていただいててありがとう、ごめんね。みたいなね、気持ちに、ちょっとなるよね…

同時に、同時にね、いつも平和なPVをパーフェクトに制作してくれてて、そのプロフェッシュナルな姿勢に頭が下がる!やっぱりかっこいい!!ってなるね!うんうん!

 

ささらに、もう今じゃなきゃだめ??って感じの報告なんですけど、ギラメラめっちゃ耳に残りますよね?

仕事中、めっちゃくちゃ脳内再生されて疲れた…!そのときは、まだあんまり覚えてなくてさ、サビエンドレスでつらかった~!

あと、めっちゃくちゃシャララが抜けない時あがって、もう、すっごい脳内で翼くんが歌ってくれるの。

めっちゃ歌ってくれるんですけど~!とか思ってたら、ちょっと待てよ?!これ、タッキーの曲!翼くん!歌ってない!!

もう、脳内セルフカバー?わたしの頭の中で勝手に歌唱してくれるって、どれだけ脳内翼くん育ってるの?!って心配になって、友人に報告と相談をしたら『翼くんソロコンで我が物顔で歌ってたから、うちでDVD見た時聴いてるよ!大丈夫!』って教えてもらって、そういえば、滝翼祭でもうたってたし、すっごいホッとしました。脱線おしまい。

 

 

3曲目は「抱夏ーダキナツー」シングル曲ですね。

これもねぇ、大変アイドルらしいタイトルですよね~。この曲好きだ~

ずっと好きなシングル曲は「仮面」だったんですけど、抜きましたもん、今好きなシングルはって聴かれたらダキナツ!って即答ですよ、いい。PV好きですね、あの、ふすまパーン!って登場する所めっちゃすき。あと、お茶の間のテレビの野球中継、ちゃんと大洋ホエールズ戦なのがいいね!曲と映像、合わせ技1本です!

PVふくめ、歌詞、メロディと昭和歌謡を思わせるテイストなんですけど、イントロがちょっと違うところがいいですよね。

わたし昭和の思い出は全然無いし、歌謡史みたいなのもあんまりわかってないから明確に言えないですが、間奏なんかでも印象的に入るギターがちょっと年代がもっと若いし、サビでベースがかなりドゥルドゥル言ってるところも現代的で、それがタキツバ歌謡って雰囲気出してるんじゃないかな~って思ってます。

こないだ出た嵐のアルバムにめっちゃ昭和感のある「青春ブギ」があって、あれは擬態がすごいなって思って、嵐ってそういうコトができるグループだよなぁって思いました。

なんていうか、こう、味付けしやすいスタイルっていうか。そこが嵐のいいところですよね~。

 

 

4曲目の「Boogie」2night」と11曲目「ビバビバモーレ」は前に書いてるので割愛って、まぁ歌詞についてしか書かなかったですけど、すでにこの文章が長くなってるので割愛!

 

 

5曲目は「ねぇ」いい曲ですよね、とっても優しい。

新春コンサートのディスク再生してさ、メニュー画面このイントロじゃないですか。とっても穏やかでね、なんだろう、これ知ってるな、この感じ知ってるな…あぁ、結婚式の記録DVDのメニュー画面じゃんって。

もう、まんまそうじゃない、それは新春婚と表記されても仕方なし、avexさんほぼ公認ですわ、もうこんなもん。

このアルバムはいい曲系が多いといいますか、優しく背中を押してくれる系ソングが多くて、一つこれはアルバムのテーマなのかなぁという…

まずシングル曲のシングル曲の「僕のそばには星がある」があって、「ねぇ」「雨が虹に変われば」そして「返せない傘を借りた」ですかね。

 

クレジット的に言うと「ねぇ」と「雨が虹に変われば」は同じ岩田秀聡さん作で、「僕のそばには星がある」と「返せない傘を借りた」は同じもりちよこさん作詞なんですね。

あの、僕のそばには星があるの曲はおなじみ羽場仁志さんですね~、結構ひさしぶりって感じなのかな。このお名前見ると『あ、いつものひと!』ってしますね~。

 

この手の曲はですね、いいこと言ってるなぁって思うんですが、いかんせん、わたしがそんなにショックなことも起こらずのうのうと生きてきたもので、そんなにグッとささったりはしないんです。なのでわりと、毒にも薬にもならない曲という認識で…

でもすごいいい事言ってるの、とくにアルバム最後の収録曲「返せない傘を借りた」なんて、背中を押してもらった、支えてもらった人に直接お礼をすることができないけど、こういう優しさを知った自分は、今度は誰かに同じ様なことをしてあげようって言う、ちょっと大人と言うか、ちょっと成長した曲。

アルバムそこかしこで そっと背中を押してもらってた、それを聴き終えて、我々はどんな気持ちになろうかって、これですよね。

そういう総括的な、綺麗な締めくくりになってますよね~!

 

あとこれ言いたい、「僕のそばには星がある」のPVとーってもかわいいですよね?!なにあれ!ファンシー!!だいすき!

なんなんですか?魔法使い?星学者?星職人??パンかじってるのとか、逃げちゃった星捕まえるイベントとかすごーい、すごーいかわいい…涙

あれで絵本つくってほしい……かわいい…ありがとう……

 

 

まぁそんな!優しく背中を押してくれるソング「ねぇ」のあとは「ココロウルオシテク」が入ってます。ちなみにビバビバモーレと同じ方の制作です。

こちらは優しくないかんじで押してくる歌詞ですね!いろいろ大変だけど、強い気持ち持って進んで行こうぜ!行けよ!!といった感じをテンポよく聴かせてくれますね。

エフェクトって言っていいですよね?声のエフェクトとハモりの使い方が印象的で、耳障りがいい曲ですね。あの、心地よい刺激感のある良さですね。

 

そんで、「雨が虹に変われば」「僕のそばには星がある」に続いて行きますね。

ってことは4曲が背中押しソングが続いてるんですね。でも、「ココロウルオシテク」を挟んでるんで口うるさくなく、軽快になっている印象ですね。

その次に続くのがコイゴコロHUNTER」ですからね!!!

これがねぇ、軽快さわやかな曲調なのに、なかなかな肉食系男子

そっとすきを狙ってて、気になるあの子が傷心してる今だ!って言うね!まさにハンターですよね!!

こう、曲調にだまされそうですけど、なかなか策士というか、こういうシュチュエーションを想像して、軽くデートの誘いかけておいてあるのね!!

タキツバのお二人は肉食系ですか?草食系ですか?に対して、肉食です、肉食でありたい、みたいな回答をしてたと思いますが、この曲、イメージにぴったりな感じの肉食感ですよね、この曲ね、スマートな肉食…猛禽類かな…!猛禽類、めっちゃつよい…!!!

 

そしてそして、10曲目は「灼熱の律動」!このタイトルは、シュルレアリスム絵画の名前っぽいな!

これは歌詞評と言うより、サウンドの話を…ラテンの、何系っていうんですかね、サルサ?スペイン系??電子的なリズムサウンドと流れる様なギターがいい感じで進んで行くんですけど、最後!最後にホイッスルが入ってくるでしょ?もう、そこでさ、わたしの脳内サンバ隊の大行進が始まりますよね。

黒バックで熱烈に歌うタキツバを挟んでサンバ隊が次々出てきてフレームアウトして行きますし、金と赤のキラッキラの紙吹雪が振ってくる、もう、カーニバル!!!フゥー!!!!!

すっごいテンションあがる!!!ホイッスルによる強制テンション引き上げ!

そのまま「ビバビバモーレ」へ!!

 

そして、トーンを落として素敵な締めくくりソング「返せない傘を借りた」で全12曲終了、と!

 

なるほど、なかなかまとまりのあるアルバムだったんじゃないでしょうかって、此処で、忘れちゃならない13曲目、「We are the T&T」ですね!タキツバSHOP盤のみの収録ですが、大変、いい曲です。

作詞が翼くん!もうね、これ、すごいセンスいいと思うんです、お聴きのみなさんきっと思ってらっしゃると思うけど、すごくセンスがいい。

特に本当に、変調のとこ、あんまり歌詞書くとお金払わないといけ無くなっちゃうんで書けないですけど、

流れる様なわっかりやすい英語!いい!!耳障りがいい、まず、いい!

そしてなんといっても、ハタチでフライアウェイっていう表現…天才かよ…??

デビューを、フライアウェイと表現する事によって、それ以上の意味を想像できますし、つっこまなければただただメロディーとしても流れて行ける歌詞達でパーフェクト!

LOVE&PEACEもすきだなぁ…なんだよその、ともすれば陳腐、使い古しの言葉なのに、2人にかかればキラキラしてるしとっても似合ってる!自分たちに似合うものを選び取るセンス、すばらしい!!ただギラメラのタッキーのテンガロンはどうだろうって、おもってる…!ごめん!!

 

すごい真面目、真面目って程でもないけど考えると「我らが王子タッキー」と「世界に羽ばたけ翼」って言われると進む方向全然違うんだよね。国内統治するタッキーと旅へ出る翼くん…ジャニーズの舞台を充実させてるタッキーとどんどん外部に活躍の場を広げてる翼くんだもんなぁ、でもファンにはラブフォーエバー、タキツバをバッチリ詰め込んだ曲ですね!

 

わー、もうめちゃくちゃ長くなった!

最後までお読みくださった方がいらしたら、感謝感謝です!!

ひさしぶりにアルバムの曲順考察なんかもして楽しかった!

こうして数日間ばーーーー!!っと感じた事、考えた事を文字にまとめて、また深く掘り下げてみたりして、より新しい考えが浮かんだり、とっても楽しかったです!

 

はやくタッキー&翼の新曲聴きたいなぁ~!

次はどんな曲聴かせてくれるのか、楽しみに待ってます!!!!